金融 グローバル化について

日本の金融市場のグローバル化

金融のグローバル化とは、世界中の資金が国境を越えて、有利な投資対象に流れる様子を指します。しかし、日本の金融市場は、まだまだグローバル化されたとは言い難いです。その理由の1つは、海外の企業や投資家が自由に投資するには、日本には様々な規制があるということです。言い換えると、各国が足並みを揃えることが必要なのに対して、日本が独自の規制で他国からの侵入を妨げているのです。TPPの問題も、その1つです。さらに、現在の日本は「ゼロ金利政策」により、市場金利が低く、投資家にとって魅力的な市場とは言えません。とはいえ、日本もグローバル化に対する出遅れを実感しており、徐々に規制を緩和しつつあります。例えば、日本は独自の会計処理方法を採用していましたが、数年前から国際会計基準を採用する企業が増えています。これによって、海外の投資家が積極的に日本に投資できる環境になりつつあります。

Copyright© 金融 グローバル化 All Rights Reserved.

日本の金融市場のグローバル化
金融 グローバル化